プロフィール

自己紹介

はじめまして。初森崇紘(はつもりたかひろ)と申します。
ラーメンをこよなく愛する34歳です。

写真 2015-01-29 0 41 55
ラーメンが好きすぎて、毎週3回通っております。

通いすぎて嫁からストップが出ることもしばしば(笑)

 

■理容師を志すきっかけ

髭をはやせる仕事が何かと考えていた時に、
自宅近くの床屋の親父が立派な髭をたくわえ、

仕事していたのを見てあこがれてこの世界に飛び込みました。
うちの親父から、
「ハサミとクシで飯を食うのか。頑張れよ!」と言われたのが、
今でも鮮明に覚えております。

写真 2015-01-02 0 02 48

 

 

■もろ体育会系サロンに入社

理容学校に2年間通って卒業。
都内の理容店に勤務。
個人店だったので、
代表が白と言えば白。
黒と言えば黒という、
昔ながらの床屋で、物凄く体育会系でした。
このサロンは、一軒家だったので、
家の掃除や車の掃除、おつかいに至るまで
やらなくてもよい仕事ばかりをしていました。
しかし、そのおかげで、
昔ながらの掃除技術を習得。
米のとぎ汁でぞうきんがけをすると床がピカピカになったり、

つかったお茶っ葉で床をはくとほこりが驚くほどとれました。

 

■転職

千葉県市川市が拠点のヘアサロンチェーン店に約10年勤務。
この10年間は、私にとってさまざまな出来事がありました。
■スタイリストになりたての頃の思い出

お客様から3分刈りにしてくれと言われて、
バリカンで髪の毛を刈りました。

3分刈りというのは、
バリカンでいうと約6mmのことをいいます。

しかし、当時の私は3mmで髪の毛を刈ってしまったため、
お客様から、「短いすぎだろ!」と
物凄い剣幕で怒られました。
当時の店長が、私に変わって、
お客様に誠心誠意謝ってくれたのを見て、
いつかは自分もあの人のようになりたいと願い、

寝る間を惜しんで、練習に明け暮れる日々を過ごしました。

 

■ラーメン二郎との出会い

練習後お腹が減り、
お店のパソコンでラーメンを検索。
でも、決まって見るのはラーメン二郎(笑)

ラーメン二郎の画像を見ると、
いてもたってもいられなくなり愛車のバイクにまたがり、

深夜も営業している赤羽の旧ラーメン二郎(現:富士丸)に直行。

ラーメン二郎を最初に食べたときは、

こんな量を深夜には食べれん!と残してました。
でも、また気になり2回目・3回目と通ううちに、

気づいたら野菜マシを頼むまでに成長(笑)
ラーメン二郎の魅力に取り付かれてしまいました。

写真 2015-01-29 0 48 28
結果、
75Kgだった体重が、
90Kgになり、
まわりから、「太ったねぇ」と言われる始末。
でも、今でも月に1回は、
ラーメン二郎の味が恋しくなり、
いってしまいます。
■結婚

ラーメン二郎に通っていたときと
同じころ、今の嫁さんに出会いました。

結婚してすぐに、
2人の子供に恵まれ、今までよりも仕事に対する情熱がフツフツと
わいてきました。

 

■お店をオープンしたいと強く思った出来事

10年間勤めたサロンでは、
計6回移動をしました。
流山市から市川市に移動するとき、
流山市の店舗が閉店となることも経験。
その時、
流山市のお客様から「次は誰に担当してもらえばいいの?」
といわれたのが今でも悔やまれます。
その悔しい想いがあって、
この度、本八幡駅徒歩4分のところに、

男性専門!完全マンツーマンヘアーサロン
1Q3をオープンすることとなりました。
流山市から市川市への移動で、
お客様から言われた一言がなかったら、
今回のお店をオープンしていなかったかもしれません。
もう二度と、お客様に同じことを言わせないよう、
一生通い続けたいヘアサロンにすることが、
私の使命です。

写真 2014-12-27 11 56 00